古典派シンフォニー

百花繚乱

 

《フォルテピアノ》


 1700年頃にフィレンツェで産声を上げたピアノは、その後急速に発展を遂げ、バロック時代に花形鍵盤楽器として愛奏されていたチェンバロを駆逐する勢いでヨーロッパ中に広まっていきました。

 今日、現代のピアノと区別するためにこういった初期のピアノを「フォルテピアノ」と呼んでいますが、これは、元祖ピアノに対して命名された”Gravicembalo col piano e forte”(ピアノからフォルテまで奏でられる大型チェンバロ)という楽器名に由来するもので、初期のピアノをチェンバロと差別化するために「ピアノからフォルテまで」という呼称が与えられたことによります。現代のピアノも、正式にはピアノフォルテ(pf)と呼ぶように、初期ピアノと現代のピアノとの間に明確な線引きのようなものは存在しません。他にも「(ハンマー)クラヴィーア」と呼んだり、呼称には特に決まりがあるわけではなく、このサイトでも、「ピアノ」「クラヴィーア」「フォルテピアノ」と様々な言い方が混在しています。

 チェンバロは、爪が弦をはじく方式で発音する機構なので、音の強弱をグラデーションで表現することには適していませんでした。これはバロックの音楽スタイルには適っていたのですが、18世紀に入ると音楽的な欲求からも、クレッシェンドやディミニュエンドを伴う強弱表現が求められるようになり、フォルテピアノはその要求に応える楽器として歓迎されたのです。発音機構は現代のピアノと同じ、ハンマーで弦をたたくことによります。

 アクションには大まかにふたつの流派が存在します。現代ピアノのアクションへつながってゆくイギリス式突き上げ式アクションと、ウィーン式跳ね上げ式アクションです。

 右上の写真は、ウィーン式跳ね上げ式アクションによるもので、モーツァルトや若い頃のベートーヴェンが愛用していたヴァルター・モデルの楽器です。左の楽器は、ハイドンが後年ロンドンに赴いた際に出会ったイギリス式突き上げ式アクションによるブロードウッド・モデルの楽器です。フランスでももっぱらこのイギリス式アクションのフォルテピアノが製作されていました。

 音域は、モーツァルトが亡くなる頃まではチェンバロと同じ5オクターブしかありませんでしたが、ベートーヴェンの生涯と重なるように、産業革命の波にも乗り急速に改変が施され、音域の拡大、音量の増大と力強さを増して行きます。左の写真、1802年ごろに製作されたブロードウッドは5オクターブ半の音域をもちます。


フルート ホルン ヴァイオリン


【関連動画】

L.v.ベートーヴェン:クラヴィーアソナタ 嬰ハ短調 「幻想曲風に」 Op.27-2 第3楽章

小倉貴久子(クラヴィーア)

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》第11回のライブ映像☆